茶庭の竹垣、蹲(つくばい)にある茶人の思想

外露地・中門・竹垣・結界石・つくばい・にじり口

日本庭園で外露地から内露地いくと別世界だ!

庭師「日本庭園の茶庭は、手前が『外露地』、奥が『内露地』になってる」

「2つの外露地と内露地はこんな木の門で分けられてるから!」

織部の頃から日本庭園の茶庭が広くなってきたそうです。それで露地が2つ。

日本庭園の茶庭の「外露地」・「内露地」ができたようです。

 

日本庭園の茶庭の「外露地」と「内露地」を分けるために登場したのが中門と竹垣。

竹垣は、目的や高さやデザインで、よくご存じの四つ目垣、建仁寺垣、龍安寺垣・・等

 

路地を分けていると思う四つ目垣

 

日本庭園の茶庭入る➔待合➔銅鑼(どら)の音➔入る合図➔外露地➔中門

日本庭園の茶庭の進入禁止マーク!

「ストップ、それ以上入れない、印が置いてある」

 

これはなに?

庭師「関守(せきもり)石とか・結界(けっかい)石という」

「丸い座りのいい石にしゅろ縄でしばっているから。

これが、置いてあると、これ以上は侵入禁止」

 

さりげなく、日本庭園の庭の『関守石』or『結界石』がおいてあります。注意!

中門(中潜り)はなんのために?

 

庭師、「ご主人はこの中門で客人を迎えるよ!」

木の門をくぐる感覚、これは第二ステージ、『内露地』へ来た。

 

日本庭園の茶庭の「『つくばい』で清めて『茶室』へいこう!」

さらにディープな茶庭の世界へ

 

入口➔待合➔どら➔外露地➔中門➔内露地➔つくばい

日本庭園の茶庭、「つくばい」には2つの基本形!

「水鉢」が海の端にあると「向う鉢」というそうです ↓

 

「水鉢」が海の中にあると「中鉢」

筧から水が流れてくる → 水鉢に水がたまる →

左が冬にお湯をおく「湯桶石」 → 右が夜のあかりを置く「手燭石」

→ 「前石」でしゃがむ、つくばる → 竹のヒシャクを使って手を清める

 

だそう。

 

庭師「蹲の左から客人がアプローチなら、「手燭石」が「湯桶石」より高く」

「蹲の右からアプローチなら「湯桶石」を「手燭石」より高くするんだ」

 

「でも、流派によっては「湯桶石」か「手燭石」かどちらが高く。と言われるからね」

 

いつの時代も庭師は新しいアイテムを加えているそうで。

蹲をそのひとつ。何でもOKだそうで、アイデア次第!

 

「中鉢だと竜安寺の銭型が一番だね!」

 

日本庭園、にじり口から茶室に入ろう!

庭師「さあ、蹲で清めたら、茶室に入ろう!」

「茶室は玄関でなく『にじり口』から入るよ。狭いからね」

 

どうやって入るのか聞くと

庭師「にじり口、まあ、簡単に言えば、土下座する感じで・・入る」

 

なぜこんなに茶室に入る躙り口が狭いのか聞くと

庭師「侍でも刀は外さないとダメ、将軍も思いっきり頭下げないと入れない」

 

躙り口

 

庭師「茶室の中では平等、利休さんの考えだよ」

「それに、にじり口を境に世界が変わって見えるよ!」

水琴窟(すいきんくつ)とは?

つくばい

水琴窟は茶庭の楽器らしい?

水琴窟は「水」「琴」「窟」の3文字

3文字を思いめぐらすと見える「おもてなしの極み」

「水」は水が使われること、

「琴」は水琴窟の音はお琴のように艶やかな音ということ、

「窟」は洞窟のようなところに水が落ちることを意味すると

私は勝手ながら思っています。

水琴窟の断面

水琴窟は茶庭のつくばいの海の下、地下に作られて、

庭師が仕込んでいるおもてなしの極みです。

日本庭園|水琴窟の断面

蹲でつくばる

茶庭のつくばいにお茶会の客人が文字通りつくばり手を清めます。

和服を着ている客人がひしゃくで

水鉢に落ちていく水をすくい手に振りかけて清めています。

つくばい(蹲)の基本形

客人のつくばる足元の飛石は途中歩いてきた飛石に比べ面積が大きいサイズ。

前石と呼ばれています。

つくばい

上の写真はつくばいのスタイルで向こう鉢と呼ばれていますよ。

前石につくばって、かがんで、手を清める。

一般的には排水口が海の中央にあります。

「水琴窟」はこの排水口が音の出口になっています。

水琴窟の音はこんな感じです

音はいろいろありますが、参考までこんな音の「水琴窟」があります。

いい音で癒されました。

あまり、知られていませんが、

横浜ベースターズ球場のとなりの横浜公園内に水琴窟があります。

水琴窟は、横浜の庭師がつくり、音響設計者がサポートしたそうです。

都会の喧騒の中にあり、音が聞こえません。

それで、脇に竹筒がありますので、耳に竹筒をあて、

海の中央に(排水口)がありますから、

そこにそっと当てて聞いてくださいませ。

庭師「水琴窟は今の庭師には無理だね。音響の専門家と組まないとね」

灯篭、延段は客人の案内役らしい

日本庭園|茶庭の灯ろう・灯触りの木・ししおどし・延段

えっ、庭師、ライティングデザインもやるの!

庭師「茶会は夜もあるから灯りが必要!」

つくばいの位置が夜はよく分からない。灯りの演出だそうで

「客人は自分の灯りでなく灯籠(とうろう)の灯りに導かれるよ」

灯台のように光るのか聞くと、

「いや、灯りは枝の間で揺らいで見え隠れするよう調整するよ」

「木陰から太陽を見上げたとき、光が躍るだろ!」

どのように光を調節するかと聞くと。

「客人と灯籠とを結ぶ直線上に『灯ざわりの木』を置いて光を躍らせるんだよ」

「『灯ざわりの木』は落葉樹の『もみじ』が最高の役木!」

それは、知りませんでした。ディープな職人技!

茶室の野花って「庭師」が演出してるよ!

主人は庭師に「〇〇という人が来る、◇◇の雰囲気にしたい!」

主人の「思い」と「客人」を考え庭師は山へ分け入る。

庭師はついに一輪の花を見つけ、そっと茶室に飾る。

野花は客人に主人と庭師の思いを静かに伝える。

約三十年前に、庭師から聴いた話。

今は野花は通販で買えるようですが・・

 「ししおどし」は「鹿よけのアイテム」だった

庭師「ししおどしは鹿おどしとも書くよ」

横浜ベースターズ球場・横浜公園内

元々、「ししおどし」は敷地境界線の近くに置いたそうです。

鹿が敷地内に入らないように置いたので「ししおどし」つまり鹿を脅かす。

庭師「昔、鹿おどしに使ってたのを、庭の音の遊びで入れたよ」

造園はなんでもいいものは取り入れる。

庭師「いつも進化してるよ」

でも、住宅街に「ししおどし」を作ると、「音がうるさい」と言われてしまう・・

「延段」の「真・行・草」、日本のデザインパターン

庭師「見れば違いはすぐわかるよ」

デザインパターンのその1  「真」

デザインパターンのその2 「行」です。

デザインパターンの3番目のデザインーその3は「草」です。

日本伝統のデザインパターン「真」「行」「草」、書道でもありますね。

左から、「真」・「行」・「草」の延断

庭師「真は楷書・・まじめに」

「行は行書・・ちょっと遊ぶ」

「草は草書・・自由勝手に」

「茶庭は草だからたのしい!」

 高さと向きがフリー、「織部灯籠」

織部灯篭

庭師「竿を土に埋められるから、上下でも左右でもできる。

上下左右に火袋(灯りを灯す)が動くよ」「織部さんのデザインだよ」

雪見は高さが決められているけど回転はできるね」

雪見灯篭


「他の灯籠は、織部灯籠のように上下は動かないから」

さすがスーパー作庭師「織部」!

火袋は、上から垂れるように持つと、庭師の逆鱗(げきりん)にあうので注意。

子供を抱えるように大事に火袋は運びましょう。

石なので引張られると壊れやすい、特に古い火袋は、

庭師 「壊れる、やめろ・・」

待合(まちあい)、飛石で気持ちが整う

初めて茶庭・茶室にいくので、役立つことをいろいろと教えてもらいました。

もう、庭師は80歳を超えてきて、その庭師の流儀をまとめています。

よろしかったら、ご参考にしてくださいませ・・。

日本庭園に飛び石はなぜある?

茶庭の飛石
茶庭の飛石

庭師が、「日本庭園の茶庭、茶室へ行くならはアプローチは平らじゃないよ!」

「凸凹の飛石の上に足をのせて歩くんだ」


「飛び石だよ!日本庭園の茶庭のアイテムだよ」

「客人が歩きにくいように、その上は凸凹だよ」

なぜ、日本庭園の茶庭へのアプローチが歩きにくくなっているのか聞くと?

庭師「日本庭園の飛び石に足を載せて歩いてごらん」

「お茶会に参加するための気持ちが日本庭園の飛び石を歩くと整ってくる」

庭師「歩くことに集中しないと、転ぶから。気持ちがだんだんお茶会に集中・・」

「日本庭園の茶庭の飛び石の間隔は、

だいたい1尺(約30cm)から1尺5寸(約45cm)だから、

日本庭園の茶庭に行くなら和服だから、さらにきついよ!」

確かに歩幅がない和服と履物は茶庭へのアプローチに飛び石はきついです。

庭師「お客が来る前におれたち庭師が飛び石を

荒縄で洗って光らせるんだよ」

「日本庭園の茶庭だけら必ず、清めるのさ」

「客人は、濡れた飛び石を歩く、主人のおもてなしだよ」

そうでしたか、それは、ますます滑りそう。日本庭園の茶庭のアプローチ飛び石は

お茶会に行くまでに、気持ちを切り替えるためにも必要なアイテムでした。

待合で静かに音を待つ

茶庭

日本庭園の茶室に初めていくといったら。

庭師が、「日本庭園の茶庭の入口を間違えたらダメだよ!」

「家の玄関と日本庭園の茶室への入口は別だから」

ではどこから入るのか聞くと。

「日本庭園の茶室へは茶庭を抜けていくからね」

それからどうしたら日本庭園の茶室に行けるか聞くと。

「日本庭園の茶庭に入ると『待合』っていう座るところがあるから、


そこに座って静かに音を待つんだよ」

「ボーンボーンと鳴ったら『どら』の音だよ」


「日本庭園の茶室に来て下さい、準備OK!というご主人からの合図」

銅鑼(どら)で全て分かるよ!

茶庭

日本庭園の茶庭の「待合」で待っていると、銅鑼(どら)の音は

どこの流派で何人のお茶会か教えてくれるよう。

表千家 5人以下「大小大小中中大」七点打ち。5人以上「喚鐘」

裏千家 5人以下「大小中中大」五点打ち。5人以上「大小大小中中大」七点打ち。

武者小路千家 「大小大小中中大」七点打ち。人数によっては「大小中中大」五点打ち。

日本庭園の茶庭に来てください。最初と最後が「大」なのは全部一緒!

木製のものもあります。

魚鼓(ぎょく、ぎょこ)で木槌で叩いて乾いた音で、

客人を誘うようで、お寺にもあるようです。

準備が整い、主人が客人を木槌で叩いて呼び出す。木製。
魚鼓
魚鼓を叩く木槌。

飛石を踏んで茶室へ行こう!で、日本庭園の茶庭のどこを通って行くのか聞くと

「外露地を抜けて、内路地へ」